Mandatory Credit: Photo by Dominique Maitre/WWD/REX/Shutterstock (6047557bd)Model on the catwalk

佃島と大川端リバーシティ(表紙写真)

おすすめ

日本の着物やパターンから受けたインスピレーションをコレクションに落とし込んだ

画像左側は、石川島に建築された大川端リバーシティとよばれる超高層マンション群、右側は近世に造成された佃島である。この場所は、東京が新旧の建築が混在している町であることを端的に示している。(撮影)

追悼・小松裕 その歴史学から何を学ぶか ―研究と社会との接点を求めて 小松裕追悼シンポジウム

ムッシュ・ディオールが遺した言葉「あらゆる色の中で

ご案内

追悼・小松裕 その歴史学から何を学ぶか – 研究と社会との接点を求めて

2015 年 3 月、歴史家の小松裕さんを喪って、早くも2年が過ぎようとしています。享年60、熊本大学文学部長のまま逝かれ、その歴史研究も時を停めました。しかし、彼が追い求めた学問の姿は、いまのような時代にこそ求められるのではないでしょうか。

DRIES VAN NOTEN ベーシックの美を再認識するデニムスタイル

2017年5月

小松裕追悼シンポジウム実行委員会
新井勝紘(元専修大学) 大門正克(横浜国立大学) 大久保由理(日本女子大学) 大日方純夫(早稲田大学) 戸邉秀明(東京経済大学) 中嶋久人(早稲田大学)

国道6号線から帰還困難区域に入るー東日本大震災の歴史的位置

現在ではアメリカで話題となった小説の映画化作品『フィフティ・シェーズ・オブ・グレイ』(2015年2月公開予定)で主人公のクリスチャン・グレイを演じるなど

内閣府の原子力災害対策本部原子力被災者支援チームが6月24日に公表した資料によると、避難指示区域通過による被ばく線量は、国道6号で放射線量が最も多い区間(42.5キロ)を時速40キロで通過した場合が「1.2マイクロシーベルト」。これは、胸部X線集団健診の被ばく線量60マイクロシーベルトの50分の1程度だ。また、常磐道・広野インターチェンジ(IC)―南相馬IC(49.1キロ)を時速70キロで通過した際の被ばく線量は0.37マイクロシーベルトで、X線健診の160分の1に当たる――としている。
/media//251

ANDREW GN スタッズの装飾で手もとに輝きをプラス

国道6号線における帰還困難区域の通行は、放射線を多少でも遮蔽できる自動車でしか許されない。自動二輪や徒歩は通行禁止となっていた。そこで、帰還困難区域の境界は、車道は開放されているが、警官もしくは警備員が警戒していた。たぶん、自動二輪や歩行者を追い返すことが任務なのだろう。

映画『The Blue Lagoon』にインスピレーションを受けた

ようやく、双葉町をぬけ、浪江町に入った。浪江町の海岸部は比較的線量が低く、避難指示解除準備区域となっている。しかし、そこも、それなりに家屋は補修されているものの、住民はほとんどいなかった。

1946年から52歳に急逝した1957年まで

結局、立ち入ること禁止する警官・警備員をのぞけば、街並みだけしか残っていない。そこにいたはずの人々は、立ち退いたままなのだ。帰還を強く望む国・県すら、この地への早期帰還は想定していない。帰還困難区域のありようは、東日本大震災と福島第一原発事故の一つの結果ともいえよう。

蠍座モーターHK 5035 - 380

福島県浜通りの常磐道対面通行区間の危険性ー東日本大震災の歴史的位置

5月8日、久方ぶりに福島県浜通りを訪問した。目的地は、居住制限区域の浪江町であった。そのすぐ北側の南相馬市小高や、福島第二原発南側の楢葉町まで行ったことはあるが、福島第一原発事故以後、浪江町に到着したことは一度もなかった。

今月になって初めてSNSに漏洩し始めたという

ハイクオリティな天然素材にこだわるブランドらしいコットンデニムのバッグは

実際、常磐道の対面通行区間では、事故がおきている。5月4日、常磐道のより北の部分で死亡事故がおきた。朝日新聞のネット記事をみてほしい。

ボタンやベルトループなどディテールの存在感は抑えた上品な仕上がりに
エアロマリンプレーン

NY本社のアドレス「205」があしらわれたタートルネックやウエスタンブーツを合わせ

福島)帰還困難区域での事故、現場は、課題は
茶井祐輝、本田雅和03時00分

 大熊町の常磐道下り線で4日夜、高速路線バスと乗用車が正面衝突した事故があり、乗用車の2人が死亡した。現場は東京電力福島第一原発事故の影響で帰還困難区域になっており、付近の放射線量は毎時4マイクロシーベルトを超すことも。バスに乗っていたけが人の多くはマスクもなしで2時間近く、路上にとどまらざるを得なかった。(後略)
/articles/ASJ565D1RJ56UGTB00T.html

これも、懸念されていたことの一つであった。事故が起きると、巻き込まれた人々は、放射線量が高い地域にもかかわらず、事故地点にとどまって助けを待たなければならない。特に事故車に乗っている人々は、追加事故をさけるために、車から降りなくてはならないのだ。実際、福島県内の高速道路のサービスエリアやパーキングエリアでは、そのように指示するポスターがはってあった。結局、無用の被曝を余儀なくされるのである。

肘で突っついたりと非常に可愛らしいものでした